精子の質を上げる方法

精索静脈瘤の手術や、顕微授精など男性不妊を克服するための方法があります。

これらは精子の量を補うための手段であり、精子の質を補う効果は少ないとされています。

精子の質とは?

先体反応ができるかどうかがポイントになります。

 

先体反応=精子が卵子へ侵入するために必要な反応を備えているか

精子には頭部と尾部があり、頭部には、DNAや先体など、精子が卵子と反応して妊娠するために必要な機能がつまっています。

 

これらの条件から質の良い精子を選別し、それを体外受精、顕微授精等に用いれば、妊娠率の向上、流産率の低下に寄与することが多くの臨床データにより報告されています。

 

質の良い精子を見分けるポイントとして、

・精子頭部の形が歪な状態になっていないか?

・空砲がないか?

・精子のDNA鎖に損傷がないか?などです。

精子の質をあげる方法

「射精のたびに精子の質が上がる!」

東北大学医学部泌尿器科学教室の報告

「頻繁にセックスをしたら、精子の量が減り、精子の質が低下するのでは?」連日にわたる頻回の射精は精子数の減少を招きます。

しかし、逆に精子の運動率は日を追うごとに上昇するという研究結果が発表されています。

男性不妊の治療が活発なオーストラリアで行われた不妊治療の研究

精子のDNAの損傷が正常なレベルよりも大きい男性118人に対して、7日間毎日射精をしてもらい精子の質の変化を比較しました。

すると、8割の男性が精子の質が良くなっており、DNA損傷率も34%から26%に下げることができました。

この研究を行なった医師は、毎日の射精で多少精子の量が減ったとしても、精子の質を高めて運動率を良くすることで妊娠力がアップすると語っています。

日本で、男性不妊の代表的なドクターである、獨協医科大学埼玉医療センター、泌尿器科の岡田教授

黒田インターナショナル 黒田先生も、「射精回数を増やすこと」を精子の質をあげる方法としてあげられています。

DNAが損傷している精子は早めに体外にだし、質の高い精子を新しく作れるように、サイクルさせることが重要です。

射精が多いと、精子が薄くなるでは?との心配はないと報告されています。

Riccaでは、「二日に一回を目標に射精するよう。」患者さんに呼びかけています!

精子の質をあげる環境づくり

元気な精子を作るため、睾丸を体温より2~3度低い温度に保つこと。そのために睾丸が圧迫されている状態を作らにことが重要です。

男性の下着であればボクサーパンツは精子の状態を悪くするので、トランクスがおすすめです。

デスクワークや長期ドライバーなど、股を閉じた姿勢で長時間いると、熱がこもって睾丸の温度が上昇するので、一時間ごとに立ち上がる等体勢を変える必要があります。

アンケートにご協力ください。

まずはお気軽に問い合わせください

まず、今すぐ下に表示されている番号へ、お電話ください。
そうするとRiccaのスタッフが電話にでますので
『ホームページを見ました。予約をしたいのですが』とおっしゃってください。

簡単で構いませんので希望の施術日やお店からのご質問にご回答ください。
これでご予約は終了です、電話を受話器に置き電話をお切りください。
皆様のご来院をスタッフ一同心よりお待ちしております。

LINEからもご予約が可能です