文豪 恋愛小説 おすすめ

Twitter:https://twitter.com/Ranklabo. 有名な文豪・森鷗外の作品が読みたいけれど、何から手を付けたら良いのか分からず、困っていませんか。そこで今回は森鷗外のおすすめの作品をランキング形式でご紹介します。おすすめの選び方もあわせて解説しているので、ぜひ参考にしてください。 女優・のんが30代の"おひとりさま女子"を演じることで話題となっている映画『私をくいとめて』。原作は、『勝手にふるえてろ』等の著作を持つ綿矢りさの同名の小説です。今回は、『私をくいとめて』の作品の魅力と読みどころをご紹介します。 今回は世界各国の文豪が描いた代表的な恋愛をテーマにした作品を4つほど見ていこうと思います。, 学生時代に必ず一度は触れるであろう日本の恋愛小説の古典と言えば夏目漱石の「こころ」が挙げられるのではないでしょうか?夏目漱石は日本人なら誰もが名前を知る作家ですが、その作品にはこころをはじめとして、恋愛をテーマにとったものが多くみられます。, また、恋愛は恋愛でも、シチュエーションは比較的ドロドロしたものが多く、三角関係や不倫といったテーマを書かせたら右に出るものはいないのではないでしょうか?, 国語の教科書で取り上げられることが多いためお堅い印象の夏目想起。しかし、漱石の作品はどれもがとても庶民的な目線で描かれています。言葉が少し昔の言葉なのでとっつきにくく感じますが、良い意味で現代の作家さんが描いている小説と大差ない、とても身近で感情移入しやすい作風が特徴です。, 1914年に書かれた「こころ」は以来100の時を経て、日本の文学を語る上で外すことのできない作品となりました。それだけ多くの人から読まれてきた作品であるが故に多くの解釈をもつ作品ですが、果たしてこの作品から読み取れる"恋愛"とはどんなものなのでしょうか?, 今まで他人を尊敬することも少なかった大学生の「私」は鎌倉でどこか惹かれる「先生」という人物に出会い親交を深めます。先生にはとてもきれいな奥さんがいましたが、「私」にもその奥さんにもどこか心を許していないような部分を持っていました。, あるとき先生からとても長い手紙が「わたし」宛に届きます。そこにはずっと隠していた「先生」の秘密が記されています。, それは、自分がKと呼ばれる友人と妻を取り合ったこと、その結果Kが自殺したということでした。そして、罪の意識に苛まれ、自殺という形で罪を償うとを決意したことが書かれていました。, この作品には友達が想う相手を自分のものとした結果その友達を失い、罪の意識に苛まれ続ける先生の苦悩が描き出されています。結果が死という結末にまでは至らなくても、このような経験をした人は実は少なくないのではないでしょうか?, 友達の好きな人を好きになる、浮気をするということは現代においてもよくあることです。そしてその結果として大切な人を失ってしまうことも少なくありません。, 恋愛とは他人を欲するという欲望から来ているように思います。時には欲したものが他人のものである可能性もあれます。もっといえば他人のものだからこそ欲してしまうこともあるのではないでしょうか?, 「こころ」に描かられている恋愛の在り方はまさに「他人のものを欲しがる」欲望の在り方そのもののように思います。そしてそれに気づいてしまった先生は深い罪の意識に苛まれているわけです。, 人はなにがあっても誰かのものになることはない、ということは恋愛をするうえで忘れてはならないテーマなのでしょう。そうしなければ、「こころ」に描かれているような悲劇が目の前でおこることがあるかもしれませんよ。, ロシアの文豪ツルゲーネフの代表作であるはつ恋。ロシア文学と言うと重くて読みづらい印象も強いですが、ツルゲーネフの作品は感情移入しやすい人間らしい感情がよく現れている作品です。, はつ恋は筆者自身がとても気に入っている自叙伝的な要素を持つ作品で、ページ数も少ないので海外文学を読みなれていない人にもオススメの作品です。, 自分の体験談を交えて描かれているというこの作品は、そのタイトル通りにはつ恋というものがテーマになっています。誰もが一度は経験するはつ恋の想い出が蘇る作品です。, 16歳の少年ウラジーミル・ペトローヴィチは、隣に越してきた公爵令嬢ジナイーダに一目惚れしてしまいます。ウラジーミルにとっては初めての恋愛感情。その思いは熱く募るばかりでしたが、ある時ジナイーダが自分の父親と恋に落ちている事実を知ります。, その事実が明るみに出てしまったためウラジーミル一家は引っ越しますが、ジナイーダは諦めきれずに後を追ってきます。父親はお互いのためにジナイーダを拒絶しました。, しばらくすると父は病死してしまいます。その後ジナイーダが結婚した知らせを聞きつけ会いに行こうとしますが、ジナイーダも急死してしまいます。, ウラジーミルはこれを機にはつ恋との決別を果たし、死んだ父とジナイーダ、そして自分自身に祈りを捧げました。, はつ恋という甘酸っぱいタイトルとは裏腹に、ここに描かれている恋愛はなんともやりきれないものです。しかし初恋の相手が自分の兄弟や親友を好きになってしまったと思えば、意外とそのようなシチュエーションは少なくないかもしれません。, そして注目すべきは父が死を迎える直前にウラジールに残した「女の愛を恐れよ。女の愛を恐れよ。 この幸福を、この毒を恐れよ」という言葉。これこそがはつ恋のテーマの一つでもあるといます。, 恋愛というものは時として人を幸福へと導きますが、一歩間違えれば非常に恐ろしいものにもなりえます。怨恨やストーカーなど具体的にあげてもキリはないですし、そこまでいかずともお互いの生活を狂わせてしまう危険性は常にはらんでいます。, だからといって恋愛をするなとは言えませんが、どんな時であれ一歩引いて客観的に自分の置かれている状況を把握することの大切さが、この言葉から感じられるのではないでしょうか?, フランスの女流作家フランソワーズサガンの代表作。映画になったことでご存知の方もいらっしゃるかもしれません。, フランス人らしいエスプリの利いたシャレた文章センスや、女性の視点から描かれた作品だけあって今読んでも皆さんが普段読むような恋愛小説と大差なく気軽に読み進められるのではないでしょうか?, サガンが18歳という多感な時期に書いた作品だけあり、恋愛要素を抜きに考えても情景が瑞々しく浮かんでくるとても素敵な作品です。, 主人公のセシルは母を早くに亡くし父親と二人暮らし。ある夏、父の恋人であるエルザと3人でバカンスを楽しんでいました。同時にセシル自身も隣の家のシリルと出会い恋心を抱きます。, そんな折に父は亡き妻の友人であるアンヌを呼び寄せます。聡明で大人の魅力に溢れるアンヌに尊敬の念を抱きながらも、どこかで恐れおののくような感情も持っていたセシルでしたが、父がアンヌと再婚したことを機にアンヌの規範的な生活方針がセシルにも要求されるようになり、徐々にアンヌに対する嫌悪感を強めていきます。, セシルは父からアンヌを引き離すため、父の元恋人であるエルザ、セシル自身が恋心を寄せていたシリルを巧みに誘導して父からアンヌをひ話すことに成功するのですが、一方でアンヌを貶めたことに対するやるせなさを持ち続けるととなりました。, 「悲しみよこんにちは」の面白い点は、全編通して人の色恋が題材になっているにも関わらず、その本質は恋愛そのものというよりは思春期特有の感情の揺れ動きを狂おしいほどに表現しているところでしょう。, 主人公のセシルが父の再婚相手のアンヌを嫌悪するきっかけとなったのが、ボーイフレンドのシリルとの関係を注意されたことでしたが、後々セシルはシリルは自分にとって特別ではなかったと自己分析しています。一時的な恋愛心はあっても、それは言ってしまえばひと夏の恋程度のものであったという自覚があったのです。, その点においてはアンヌのセシルに対する発言はまさに的を得ていたはずです。しかしいわば反抗期状態にあったセシルはそれが受け入れられない。新しい母親に束縛されて自由を失うことに対する嫌悪感がアンヌ自身への嫌悪感へつながっていきます。, 一方でアンヌという人の人間性には深く惹かれており、計略にかけている間にもアンヌの言うことを聞いていれば自分の人生は間違いないものになると言う確信めいた感情も湧きあがってきます。, セシルの感情の動きや行動は、その点においてはとても身勝手な物でした。なによりも自分の今の感情を大切にする、若さゆえの過ちと捉えることも出来ます。, 華やかな舞台と複雑な恋模様が重なった物語。その根底には後悔や恥ずかしさ、執着といった若いときに誰もが経験する感情のどうしようもない重なりが表現されています。, この作品から得られる教訓は人それぞれたくさんあると思いますが、ここでは"恋愛は愛情という感情以外にも多くの感情を動かすもの"ということを挙げておきたいと思います。, 小説の主人公セシルを例に挙げれば自分と重なる父親への愛の深さの再認識、アンヌへの憧れと嫌悪、恋人であるシリルへの想い、そして何よりも自分自身を誰よりも大切に思う気持ち―そういったものを彼女は物語内で恋愛を通して再認識していましたね。, 誰かを好きになると、その人だけ見ているようで実は自分の周りにあるさまざまなものの価値を再認識するようになるという側面があるのかもしれません。, 星の王子様は今なお多くの人に読まれ続ける名作のひとつです。比較的安易な文体で書かれていることから小さいころに読んだと言う人も少なくないかもしれません。, 一方で抽象的な世界観や表現でその本質を捉えにくい作品として、大人でも実際にどんなお話なのか理解している人は少ないかもしれません。, 最近ではテレビ番組で芸人さんがこの作品の解釈を紹介し、それがとても分かりやすく素敵なものであったためちょっとした話題になりました。, 操縦士の「ぼく」は砂漠に不時着してしまいます。そこで出会った一人の少年と話すうちに、少年は別の星から来た王子様であることが分かります。, 王子様はある日、大切に育てていたバラの花とケンカしたことをきっかけに他の惑星をめぐる旅に出ます。そこでさまざまな人たちと出会いながら最終的に地球に到着しました。, この旅の中で王子様は自分の育てていたバラがかけがのないものであったことに気づき、自分の星へ帰ることを決意します。「ぼく」は王子様を引き留めようとしますが、大切なバラのもとへ帰ることを決意した王子様はそのまま自分の惑星へと帰っていきました。, メルヘンで抽象的な世界観によって星の王子さまの物語はとても捉えにくいものに思われがちですが、ズバリ要点をまとめてしまばそれは「本当に大切なものに気付く物語」と言えます。, 王子様は色々な惑星を旅していく中で色々な人に出会います。どの人も大切なものを持っていますが、そのだれもが大切なものに執着しているだけのように見えて王子様にはピンときません。, しかし地球でたくさんのバラが咲いているのをみた王子様は、この世にバラはたくさんあるけれど、本当に大切なのは自分がお世話をしたあのバラだけなんだ、ということに気づきます。, これは恋愛にもあてはまります。この世に見た目のいい人、お金持ちの人、性格の良い人、はたから見れば素敵な人はたくさんいます。でも大切なのはその人とどれだけの時間を過ごしたか、どれだけの関係性を育んできたか、ということにあるのではないでしょうか?, 「星の王子さま」という物語は、大切な人と過ごす時間の大切さ、愛情を育んでいくことの素敵さになかなか気づけない忙しい現代人や浮気性なあなたに教訓を阿多てくれる物語です。, 古典と呼ばれるような小説作品には複雑なテーマが入り組んでいることが多いのですが、読み解いてみると恋愛に示唆を与えてくれる作品は他にもたくさんあります。, さまざまな作品から恋愛とはなにか、というものを読み取ってるのもいいかもしれませんね。, ビューティーライター(エディター) この記事では純文学のおすすめ小説21選を紹介しています。読書で大事なことは「一つの作品を読み切る」こと。ですのでここでは読みやすさを重視しつつ、長い年月のなかで高い評価を得てきた純文学作品でおすすめのラインナップを組みました。 日本文学の名作おすすめランキングをご紹介します!近代文学、純文学の中から読んでおくべき最高傑作をまとめました。長編小説、短編小説など、死ぬまでに読みたい数々の名作をランキングでお届けします。日本の名作を是非お楽しみください。 全世代の人に読まれ継がれきた一般教養として必ず読んでおきたい小説。 人間失格 太宰治. 大人がボロボロ泣ける小説!感動できる、おすすめの小説・ライトノベルは?おすすめランキング! 涙腺が枯れ気味の大人でも、ボロボロ泣いて感動できる小説、心に響く切ない小説、ライトノベルを探してます! - 泣ける,小説|Gランキング 日本文学の名作おすすめランキングをご紹介します!近代文学、純文学の中から読んでおくべき最高傑作をまとめました。長編小説、短編小説など、死ぬまでに読みたい数々の名作をランキングでお届けします。日本の名作を是非お楽しみください。 美容の専門学校を卒業後、美容関連の広告代理店に就職。美容系雑誌や通販の広告業に専念するも5年で退社しビューティーライターとして活動。 おすすめの文豪小説. 日本の文学作品をあなたはどれくらい読んでいますか?小説を普段読まないという方も一冊読めば次々読みたくなるほど、日本の文学作品は名作揃いです。日本文学のおすすめの名作をランキング形式でご紹介します。短編小説も多くありますので是非読んでみて下さいね。 心に響く感動を~泣きたいときには?そんな時は家族・恋愛・ベストセラーのテーマ別名作がおすすめです。honto書店員が「【小説 泣ける】」をテーマにおすすめの本を選書しました。初めてhontoをご利用する方に特別クーポンをご用意!ページの下部から無料で取得できます。 【得意ジャンル】 最後に取り上げる作品は、書籍だけの書き下ろし編として収録された『ノルウェイの森』です。言わずと知れた大作家・村上春樹の代表作ですが、恋愛学的に精緻に考察するといろいろツッコミどころがあるようで…。2回にわたって徹底分析します! 今回はおすすめの恋愛本を紹介します。リアルの恋愛に役立てるためには男性心理の理解が必須です。それを学ぶためには、女性作家よりも男性作家の方がいいですよね。今回は「男性作家が書いたおすすめ恋愛本3選」をまとめてみました! 有名な文豪・森鷗外の作品が読みたいけれど、何から手を付けたら良いのか分からず、困っていませんか。そこで今回は森鷗外のおすすめの作品をランキング形式でご紹介します。おすすめの選び方もあわせて解説しているので、ぜひ参考にしてください。 【ホンシェルジュ】 数多くの文豪が活躍した大正時代。国語の教科書に取りあげられているものも多く、現代でも高い評価をされている作品ばかりです。この記事では、大正時代に活躍した文豪と、彼らの代表作を紹介していきます。 | tutanhiro 2次元ライター 小説 2017.3.1 乙一の珠玉作品を選ぶ!人気おすすめ小説本ランキング3選! 小説 2017.2.23 愛を乞うひと、原作のあらすじと感想を語る!母から娘の凄絶虐待地獄絵図 ホラー 2017.3.9 平山夢明のおすすめ小説本ランキング!人気作品ベスト5! 小説 2017.6.17 京都が舞台の恋愛小説 『夜は短し歩けよ乙女』:森見登美彦 . 恋愛小説おすすめランキングです。胸キュンできるものから甘酸っぱい片思い小説まで、様々な恋愛模様を描いた作品からおすすめ恋愛小説を紹介させていただきます。ジャンル関係なく面白い小説をまとめた面白い小説ランキングもおすすめです。恋愛小説おすすめ 大学を舞台にした小説では定番の作品です。黒髪の乙女に恋をした先輩の話しで、犯罪じゃないかと思うくらいのギリギリの話しです。むりやり偶然を起こして、接近しようと頑張っています。小説の舞台の京都と、作者の独特な� 明治の二大文豪・夏目漱石と森鴎外は、多くの名作を世に送り出しました。なかでも彼らの「愛・恋」をテーマに描かれた作品はまさに名作ぞろいです。目まぐるしく移りゆく明治の世を舞台として、愛と運命に翻弄される人々が精緻な文体で描かれています。 【ホンシェルジュ】 明治時代は、日本に西洋の文化が流入し、文学界でも革命的表現が生まれた時代です。多くの文豪が登場し、彼らの作品は国語の教科書に取りあげられるなど広く知られています。今回は、そんな明治時代を生きた文豪のなかから6人を紹介します。 夏目漱石の中では『こころ』に次いで人気の高い青春小説の金字塔です。 漱石は文豪、文豪って言われてますけど、会話文が多くて読みやすいし、ユーモアもあって面白いですよ。もしお堅いイメージだけで気後れしている人がいたら絶対損してるから読んだ方がいいです。 . 青空文庫は、無料で膨大な数の文学作品を楽しめるデータベースです。名作から人気の作品をこれでもかと読めるのでおすすめです。今回は、青空文庫で公開されている多くの作品のなかから、短編と長編別にわけておすすめ作品をまとめて紹介していきます。 お気に入りの小説の中から、特におすすめ小説を15冊選んでみました!ベストセラー小説や名作小説、長編小説、短編小説、恋愛小説、sf・ファンタジー小説など、幅広いジャンルの小説をご紹介していま … 世界には「名作」と呼ばれ、多くの人々に愛される小説が数多くあります。今回はおすすめの名作小説100作品をランキング形式で小説好きがまとめてみました。ここで紹介する小説はどれも名作・傑作と呼ばれている面白いものばかりです。それでは見ていきましょう。 恋愛学の第一人者である森川友義教授が、まったく新しい視点から、明治・大正・昭和の名だたる文豪たちの小説に描かれた「恋」について分析します。2019年9月に、光文社新書として一冊にまとまりました。好評発売中! 同棲のタイミングはいつ頃がいいのだろう。付き合っている恋人がいて、そろそろ同棲や結婚を意識した時に浮かぶ疑問だと思います ... いつも喧嘩ばかりの彼氏と別れてスッキリしたつもりでも、別れて後悔する瞬間は必ずありますよね。 今さらヨリを戻すこともでき ... 女性からのアプローチというのは、少し勇気がいることかもしれません。 今や肉食系女子と呼ばれる女性も多いことながら、やはり ... このページでは、気になる相手が脈ありかどうかを診断したいときに見るページです。 チェックしたい項目を男女別に30ポイント ... 片思いが辛いと感じたことがある人は、恋をしたことがある人ならば必ず経験があることだと思います。楽しいだけではない恋愛は、 ... デート代というものは意外とばかにならないもの。油断をしてしまうとあっという間にお財布の中のお金がなくなっていた!なんてこ ... Copyright© Lacy(レーシー) , 2020 All Rights Reserved. この記事では純文学のおすすめ小説21選を紹介しています。読書で大事なことは「一つの作品を読み切る」こと。ですのでここでは読みやすさを重視しつつ、長い年月のなかで高い評価を得てきた純文学作品でおすすめのラインナップを組みました。 極甘な恋愛小説の名手である有川ひろさん。その甘さは胸キュン必至ですが、もちろんそれだけではありません。知れられざる名作も含めておすすめ10作品をご紹介します。 よなよな書房. 小説 2017.6.17 太宰治『人間失格』3分で分かる簡単なあらすじと感想&徹底解説! 小説 2017.6.28 ほのぼの系の私小説おすすめランキング!人気作品厳選ベスト10選! 小説 2017.3.2 山田悠介のおすすめ小説本ランキング!人気作品ベスト5は? 小説 2017.2.23 携帯小説 おすすめ 切ない 映画 本 恋愛 >> 青森山田 練習 きつい >> 携帯小説 おすすめ 切ない On July 29, 2020 , Posted by , In 大迫半端ない っ て ニコニコ , With Confederate flag 意味 青空文庫は、無料で膨大な数の文学作品を楽しめるデータベースです。名作から人気の作品をこれでもかと読めるのでおすすめです。今回は、青空文庫で公開されている多くの作品のなかから、短編と長編別にわけておすすめ作品をまとめて紹介していきます。 今回はあえて古典的な作品に焦点を当てていきたいと思います。今なお語り継がれる古典作品は、その一方でとっ付きにくく感じることもあるかもしれません。 しかし現代に語り継がれる恋愛をテーマにした古典作品だからこそ見えてくる恋愛の真理というものがあるとは思わないでしょうか? 本当に時 … 人間失格 (集英社文庫) posted with ヨメレバ. ビューティーライターだけでなく、美容関連のイベント企画やセミナーなども積極的に行い、頼れるビューティディレクターを目指しています。 恋愛小説にも様々なジャンルがあるため、どれを読もうか迷ってしまいますよね。そこで今回は、胸がキュンとする話から恋愛ミステリーまで、中学生におすすめの恋愛小説を10選ご紹介します。読まなきゃもったいない人気の名作を集めたので、ぜひ読んでみて下さいね。 皆さんは普段読書をされますか?本は知の宝庫とも言われるように、人生における困難の乗り越え方、考え方、哲学といったさまざまなものを得ることができます。, 今回はその中でも恋愛にフォーカスをあてて世界中のオススメ恋愛小説をご紹介しながら、そこに隠された恋愛の在り方をテクニックとして読み解いてご紹介して参ります。, 今のあなたのシチュエーションにマッチする作品も見つかるかもしれません。さっそくチェックしてみましょう!, 世の中には数多の恋愛小説が存在します。その数はとても数えきれないほど。小説のテーマはたくさんありますが、どんな物語にも必ずと言っていいほど恋の要素が盛り込まれます。たくさんの人に読まれる作品になればなるほどその傾向は強いといえるでしょう。, それほど恋愛というのは普遍的でどんな人も気になる要素であるということなのでしょう。それは歴史上の偉大な作家たちでも同じことなのです。, 今回はあえて古典的な作品に焦点を当てていきたいと思います。今なお語り継がれる古典作品は、その一方でとっ付きにくく感じることもあるかもしれません。, しかし現代に語り継がれる恋愛をテーマにした古典作品だからこそ見えてくる恋愛の真理というものがあるとは思わないでしょうか?, 本当に時代遅れでお堅いだけの作品、恋愛の描き方なら今なお読まれ続けることなどないはず。言葉や表現の違いはあれど、そこに映し出される恋愛の本質に、少しでも迫ってみたいと思いませんか? 新しく発売された美容品やサプリを実際に購入し、どんな効果があり、巷の口コミは本当なのかを自分自身が納得するまで徹底調査。時にはイチユーザとして辛口の評価も。 映画化もされて(ひどい出来でしたが)大人気を博した宮部みゆきの長編ミステリーの傑作。 次々に起こる展開のすばらしさと、宮部みゆき作品ならではの心をえぐる人情の裏表の衝撃、そして殺人者にすら感情移入できて共感できてしまう感動の筆力。 そのすべてが相まって、とにかく読む手が止まらない、そんな作品です。 しかも、これハードカバーだととんでもなくおっきくて、読んでると腕がきちゃえられそうなくらいなんですよね、だから文庫で読むのが大正解な作品です。 とにかく、読み始める … 切ない恋愛小説を教えてください。 『すれ違う2人』が描かれているものが好きです。 そうじゃなくても、おすすめのものを色々教えてください! 私の中では今まで、恋愛小説といえば有川浩さんだったの … スキンケア/メイクアップ/ヘアケア/ダイエット/美容サプリ など美容系全般 2020.05.17 「小説を読もう」で人気のおすすめ小説ランキング top5; 2020.04.25 小学校5・6年生向け!大人も読みたい、おすすめの本・小説10本選; 2019.08.21 死ぬまでに絶対に読むべき!おすすめのミステリー短編小説10選; 2019.08.20 感動で泣く!おすすめの青春小説15選 純文学を紹介する前に、純文学が何なのか知らないと難しいですよね。 基本的に純文学というのは大衆文学の対局にあるもので、面白さより芸術性に重きをおいた小説という感じの認識でOKです。 作家それぞれが持つ個性や美的感覚を元に、その美しさを競っているのが純文学と言ってもいいでしょう。 ちなみの、直木賞が大衆文学で芥川賞が純文学ですね、ざっくりとですが。 明治の二大文豪・夏目漱石と森鴎外は、多くの名作を世に送り出しました。なかでも彼らの「愛・恋」をテーマに描かれた作品はまさに名作ぞろいです。目まぐるしく移りゆく明治の世を舞台として、愛と運命に翻弄される人々が精緻な文体で描かれています。 こんなこと言うのは失礼ですけど、伊坂幸太郎さんの作品の中では極めてノーマルで「何も起こらない」作品です。でも私は大好きです。伊坂作品の中では一番好きかもしれない。 正直に言うと、私は伊坂幸太郎という作家さんの熱心な読者ではありません。 長編はだいたい読んでいますが、あまり個人的にピンと来なかったです。 洒脱な会話?どこが?と思っていました。テクニカルで完成度が高くて凄い小説家だな、とは思うけど、それほど「グッとこない」というかな。 でもこの「砂漠」という青春小 … 切ない恋愛小説を教えてください。 『すれ違う2人』が描かれているものが好きです。 そうじゃなくても、おすすめのものを色々教えてください! 私の中では今まで、恋愛小説といえば有川浩さんだったの … 日本の文学作品をあなたはどれくらい読んでいますか?小説を普段読まないという方も一冊読めば次々読みたくなるほど、日本の文学作品は名作揃いです。日本文学のおすすめの名作をランキング形式でご紹介します。短編小説も多くありますので是非読んでみて下さいね。 時代小説のおすすめ文庫をご紹介します。時代小説は、過去の人物や出来事を題材にした日本ならではの作品です。今回は、初心者でも読みやすいシリーズだけをまとめました。また、合わせておすすめの恋愛作品や読みやすい時代小説の作家もご紹介しますのでお楽しみに! おすすめの人気作家・小説家の方々をランキング形式で小説好きがまとめてみました。ここで紹介する作家や小説家の方々は有名で素晴らしい方ばかりです。それでは見ていきましょう。 人生における困難の乗り越え方、考え方、哲学といったさまざまなものを得ることができます, 全編通して人の色恋が題材になっているにも関わらず、その本質は恋愛そのものというよりは思春期特有の感情の揺れ動きを狂おしいほどに表現している, 一時的な恋愛心はあっても、それは言ってしまえばひと夏の恋程度のものであったという自覚があった, 新しい母親に束縛されて自由を失うことに対する嫌悪感がアンヌ自身への嫌悪感へつながっていきます, アンヌという人の人間性には深く惹かれており、計略にかけている間にもアンヌの言うことを聞いていれば自分の人生は間違いないものになると言う確信めいた感情も湧きあがってきます, 自分と重なる父親への愛の深さの再認識、アンヌへの憧れと嫌悪、恋人であるシリルへの想い、そして何よりも自分自身を誰よりも大切に思う気持ち, どの人も大切なものを持っていますが、そのだれもが大切なものに執着しているだけのように見えて王子様にはピンときません, この世にバラはたくさんあるけれど、本当に大切なのは自分がお世話をしたあのバラだけなんだ, その人とどれだけの時間を過ごしたか、どれだけの関係性を育んできたか、ということにある. 太宰 治 集英社 1990-11-20. 現在人気を集めている小説などをチェックして、進化し続ける文学の最先端を追いかけてみましょう。 イギリス文学おすすめ本ランキングTOP30 このようにイギリス文学には、古いものから新しいものまで注目すべき作品が山ほどあります。 Amazon. 短編小説は、サクッと空き時間に読めるのが嬉しい利点です。、読めばきっと大満足できるおすすめの短編小説20選をご紹介します。近代の文豪から海外作家、恋愛小説や感動作から気軽に読めるミステリーまで。幅広いラインナップとなっています。 一口に小説といっても、恋愛小説やファンタジー小説、歴史小説やミステリー小説など非常に様々なジャンルがあります。また、高校生や大学生、社会人など年代ごとにおすすめの小説も異なります。そこで今回は小説の選び方と人気の小説30選をランキング形式でご紹介します。 共感性の高さが人気で、中学生・高校生の多感な時期におすすめの青春小説。面白い友情小説や恋愛・スパーツなど、さまざまなジャンルがあります。そこで今回は青春小説の人気おすすめランキングをご紹介。中学生でも読みやすい短編集や話題の本屋大賞ノミネート作も!, 小説は文字が多くて眠くなるという方や漫画やアニメの方が面白いと感じる方も多いのではないでしょうか。少し小説に興味を持っても、たくさんの本があって悩んでしまいますよね。, ひとことで青春小説といっても恋愛やスポーツ・友情など、テーマはそれぞれ異なります。青春小説の魅力は、共感性の高さです。「その気持ちわかる!」「同じことを考えたことがある」という共感できるシーンが多数あるのが特徴といえるでしょう。, また、過去に自分が過ごせなかった青春の夢を見させてくれることも魅力です。今回はそんな青春小説を大特集。過去の話題作や初心者や中学生にもおすすめの読みやすい作品を多数紹介しています。ぜひ最後までチェックしてください。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51Swlbzv%2BGL.jpg"], [{"id":68196,"item_id":4918579,"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F15036077%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F15036077%2F","button_order":1,"created_at":"2020-12-10 01:10:00","updated_at":"2020-12-10 01:10:00"},{"id":68197,"item_id":4918579,"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4041014506?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4041014506","button_order":2,"created_at":"2020-12-10 01:10:00","updated_at":"2020-12-10 01:10:00"},{"id":68198,"item_id":4918579,"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E3%2583%2588%25E3%2583%25AA%25E3%2582%25AC%25E3%2583%25BC%25E3%2583%25AB%25EF%25BC%2581%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0","button_order":3,"created_at":"2020-12-10 01:10:01","updated_at":"2020-12-10 01:10:01"}], ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。, テレビでも放送されている鳥人間コンテストを題材にした作品。人力でどこまで遠くに飛べるかを競うこのコンテストは実際においても毎年、様々な感動を生み話題にもなります。, そんな鳥人間コンテストのなかでは珍しい、女性パイロットを主人公においたこの作品は青春小説の中でも一味違ったものとなっています。, [{"key":"作家名","value":"中村 航"},{"key":"発売日","value":"2014-06-20"}], トリガール、さらっと読めてさわやかな気持ちにさせてくれる、汗だくな感じの小説。自分もパイロットだったので、トレーニングはとてもリアルに表現されていて、当時の思いがよみがえってきた。でもちょっと女の子にしては出力が過酷すぎるかなーって感じもした。鳥人間コンテストの舞台裏として、普段は放送の裏で語られることのない「アンサング・ヒーロー」たちの「作業」も少しでてきて、彼らの作業なしにはなしえない機体作りも見られる。こんな青春を送れたら楽しいだろうなあと思う。ぜひ、次の年の物語とか、違うチームの話とか、設計の人の話とか、そういうのも読めたらいいなと思う。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/41NPelG-5DL.jpg"], [{"id":68202,"item_id":4918581,"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2581%2584%25E3%2581%25A1%25E3%2581%2594%25E5%2590%258C%25E7%259B%259F%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2581%2584%25E3%2581%25A1%25E3%2581%2594%25E5%2590%258C%25E7%259B%259F%2F","button_order":1,"created_at":"2020-12-10 01:10:01","updated_at":"2020-12-10 01:10:01"},{"id":68203,"item_id":4918581,"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4087497577?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4087497577","button_order":2,"created_at":"2020-12-10 01:10:01","updated_at":"2020-12-10 01:10:01"},{"id":68204,"item_id":4918581,"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E3%2581%2584%25E3%2581%25A1%25E3%2581%2594%25E5%2590%258C%25E7%259B%259F%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0 検索結果","button_order":3,"created_at":"2020-12-10 01:10:01","updated_at":"2020-12-10 01:10:01"}], ちょっとミステリアスな青春小説。爽やかなものではなく、幼いながらにも生と死を深く考えさせられる大人が読んで面白い深みのある小説となっています。, 高校受験への葛藤と自分の将来への不安、そして不治の病に抱えている直美との出会いをきっかけに深く視点から描く青春小説です。, [{"key":"作家名","value":"三田広誠"},{"key":"発売日","value":"1991-10-18"}], 基本的なパターンはあると思いますが、それはやはり作者の腕で、キャラクターの持つ背景を見事に結びつけてドラマを作っています。私が気に入ったのは、主人公の少年が最後に一人ピアノを弾いて自分のこれまでの演奏の指導の深さを理解するところ、深さを理解するところ、母が息子の変容と可能性に気付くところです。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/41oOGzq2-YL.jpg"], [{"id":68205,"item_id":4918582,"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fvaboo%2Fva3350771408u20%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fvaboo%2Fva3350771408u20%2F","button_order":1,"created_at":"2020-12-10 01:10:01","updated_at":"2020-12-10 01:10:01"},{"id":68206,"item_id":4918582,"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4087468178?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4087468178","button_order":2,"created_at":"2020-12-10 01:10:01","updated_at":"2020-12-10 01:10:01"},{"id":68207,"item_id":4918582,"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E6%25A1%2590%25E5%25B3%25B6%25E3%2580%2581%25E9%2583%25A8%25E6%25B4%25BB%25E3%2582%2584%25E3%2582%2581%25E3%2582%258B%25E3%2581%25A3%25E3%2581%25A6%25E3%2582%2588%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0","button_order":3,"created_at":"2020-12-10 01:10:01","updated_at":"2020-12-10 01:10:01"}], 映画化もされ大ヒットを記録した今作。印象的なタイトルにもあるように高校生活を舞台とした、リアルを描いています。, この作品を描いた作者も当時は17歳。 同じ高校生の年齢だからこそ描けた視点とリアリティは他の青春小説にはない生々しさを醸し出しています。, [{"key":"作家名","value":"朝井 リョウ"},{"key":"発売日","value":"2012-04-20"}], 「かっこいい」生徒、「ダサい」生徒。心から好きなものに取り組む「ダサい」生徒こそが一番輝いている。色々な視点から高校生の心情に迫っていて面白い。「きっとレンズの向こうに映るバドミントン部の姿は、この目で見るよりも遥かに美しい。だけど、そのレンズを覗く映画部ふたりの横顔は、ひかりだった。ひかりそのもののようだった。」, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51pCh7DRrGL.jpg"], [{"id":68208,"item_id":4918583,"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fvaboo%2Fva8028387404u20%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fvaboo%2Fva8028387404u20%2F","button_order":1,"created_at":"2020-12-10 01:10:01","updated_at":"2020-12-10 01:10:01"},{"id":68209,"item_id":4918583,"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4043878028?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4043878028","button_order":2,"created_at":"2020-12-10 01:10:01","updated_at":"2020-12-10 01:10:01"},{"id":68210,"item_id":4918583,"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fbook-station%2Fzs4e-180802-194-8028.html","button_order":3,"created_at":"2020-12-10 01:10:01","updated_at":"2020-12-10 01:10:01"}], 京都の大学を舞台にした日常を描いた作品。 他の青春小説とは違い、登場人物の日常を独特な言い回しで描いている個性あふれる作品です。, 奇妙で愉快な登場人物が送り出す、実際にありそうでありえないような超常現象などを上手く表現して青春小説をエンターテインメント化している唯一無二の作品です。, [{"key":"作家名","value":"森見登美彦"},{"key":"発売日","value":"2008-12-25"}], 少し読書をしたいなと思い友達に勧められたこの本を購入。面白くて買って二日で読み終わってしまいました。独特な書き方で二人の登場人物の先輩と彼女の視点が交互に書かれてテンポよく読むことができました。独特な世界観で先輩が彼女に思いを伝えようとするお話です。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/41KVvm7vmZL.jpg"], [{"id":68211,"item_id":4918584,"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F6528345%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F6528345%2F 画像","button_order":1,"created_at":"2020-12-10 01:10:01","updated_at":"2020-12-10 01:10:01"},{"id":68212,"item_id":4918584,"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4101250251?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4101250251","button_order":2,"created_at":"2020-12-10 01:10:01","updated_at":"2020-12-10 01:10:01"},{"id":68213,"item_id":4918584,"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fbookoffonline%2F0016401378.html","button_order":3,"created_at":"2020-12-10 01:10:01","updated_at":"2020-12-10 01:10:01"}], ベストセラー作家の伊坂幸太郎先生の描く、青春小説。大学生活を舞台にしており、学生といえ勉学ではなく麻雀、合コン、酒と言ったような大学生ならではのコンテンツを主軸に置いた作品。, 極々当たり前の日常を描きつつも大学生活を送ったことのある方なら誰しもが共感できてしまう、モラトリアムな作品。しっかりと読み応えもあり、面白い作品となっています。, [{"key":"作家名","value":"伊坂幸太郎"},{"key":"発売日","value":"2010/6/29"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/41MXAqNbG9L.jpg"], [{"id":68217,"item_id":4918586,"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F13158410%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F13158410%2F","button_order":1,"created_at":"2020-12-10 01:10:01","updated_at":"2020-12-10 01:10:01"},{"id":68218,"item_id":4918586,"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4101297738?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4101297738","button_order":2,"created_at":"2020-12-10 01:10:01","updated_at":"2020-12-10 01:10:01"},{"id":68219,"item_id":4918586,"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E3%2581%2582%25E3%2581%25A8%25E5%25B0%2591%25E3%2581%2597%25E3%2580%2581%25E3%2582%2582%25E3%2581%2586%25E5%25B0%2591%25E3%2581%2597%2B%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0","button_order":3,"created_at":"2020-12-10 01:10:01","updated_at":"2020-12-10 01:10:01"}], 名物顧問が異動になり、代わりに来たのは美術教師。部員の少ない陸上部はメンバーを寄せ集め最後の夏の駅伝大会に出場する。, 逆境からの成長を描いた青春小説の王道ストーリー。駅伝というわかりやすい題材だからこそ、誰もが楽しめ、共感できる本作。 涙なしには語れません。, [{"key":"作家名","value":"瀬尾まいこ"},{"key":"発売日","value":"2015-03-28"}], 最初の主人公と先生が話してるところを読んで気に入り購入しましたが大当たりでした。最後まで登場人物がここにいるかのような気持ちになり、みんなの事が大好きになり、今まで全く興味のなかった駅伝も好きになりました。中学生の未熟さや、逆に下手な大人より立派な考え方ができるように成長していく描写に心を打たれます。もっともっと彼らを見ていたくなるような作品でした。読みやすいのでどんな人にでもお勧めできます。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/41X3ASG2PKL.jpg"], [{"id":68220,"item_id":4918587,"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2582%25B0%25E3%2583%259F%25E3%2583%25BB%25E3%2583%2581%25E3%2583%25A7%25E3%2582%25B3%25E3%2583%25AC%25E3%2583%25BC%25E3%2583%2588%25E3%2583%25BB%25E3%2583%2591%25E3%2582%25A4%25E3%2583%25B3%2B%25E3%2582%25B0%25E3%2583%259F%25E7%25B7%25A8%2B%2528%25E8%25A7%2592%25E5%25B7%259D%25E6%2596%2587%25E5%25BA%25AB%2529%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2582%25B0%25E3%2583%259F%25E3%2583%25BB%25E3%2583%2581%25E3%2583%25A7%25E3%2582%25B3%25E3%2583%25AC%25E3%2583%25BC%25E3%2583%2588%25E3%2583%25BB%25E3%2583%2591%25E3%2582%25A4%25E3%2583%25B3%2B%25E3%2582%25B0%25E3%2583%259F%25E7%25B7%25A8%2B%2528%25E8%25A7%2592%25E5%25B7%259D%25E6%2596%2587%25E5%25BA%25AB%2529%2F","button_order":1,"created_at":"2020-12-10 01:10:01","updated_at":"2020-12-10 01:10:01"},{"id":68221,"item_id":4918587,"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4041847079?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4041847079","button_order":2,"created_at":"2020-12-10 01:10:01","updated_at":"2020-12-10 01:10:01"},{"id":68222,"item_id":4918587,"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E3%2582%25B0%25E3%2583%259F%25E3%2583%25BB%25E3%2583%2581%25E3%2583%25A7%25E3%2582%25B3%25E3%2583%25AC%25E3%2583%25BC%25E3%2583%2588%25E3%2583%25BB%25E3%2583%2591%25E3%2582%25A4%25E3%2583%25B3%2B%25E3%2582%25B0%25E3%2583%259F%25E7%25B7%25A8%2B%2528%25E8%25A7%2592%25E5%25B7%259D%25E6%2596%2587%25E5%25BA%25AB%2529%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0","button_order":3,"created_at":"2020-12-10 01:10:01","updated_at":"2020-12-10 01:10:01"}], サブカルチャーファンから熱い支持を受ける本作は、高校生の純粋な性欲と恋愛模様を描いた人間味あふれる一冊になっています。約20年前の作品ではありますが、今でも書店で購入できる珍しい1冊です。, ロックアーティストが描く、独特な言い回しはファンならずとも読んでおきたい個性あふれる青春小説となっています。, [{"key":"作家名","value":"大槻ケンヂ"},{"key":"発売日","value":"1999-07-12"}], 主人公の情けなさがみうらじゅんの小説のテイストに似ているが、こちらも面白い。今で言えばリア充ではない学生3人が繰り広げる、なんとも言えない煮詰まった日常。煮詰まっていながらも、それを打開しようと奮闘する姿が好感もてるのは、自分も似たような時代を過ごしたからだろうか。ある意味このジャンルも純文学である。違いといえば、孤独ではない点である。内向的で肥大した自我でも3つ集まれば、こんなにユーモラスになるのだろう。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51F1fzm-RsL.jpg"], [{"id":68223,"item_id":4918588,"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F12765452%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F12765452%2F","button_order":1,"created_at":"2020-12-10 01:10:01","updated_at":"2020-12-10 01:10:01"},{"id":68224,"item_id":4918588,"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4041013348?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4041013348","button_order":2,"created_at":"2020-12-10 01:10:01","updated_at":"2020-12-10 01:10:01"},{"id":68225,"item_id":4918588,"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E3%2581%25BC%25E3%2581%258F%25E3%2582%2589%25E3%2581%25AE%25E4%25B8%2583%25E6%2597%25A5%25E9%2596%2593%25E6%2588%25A6%25E4%25BA%2589%2B%2528%25E8%25A7%2592%25E5%25B7%259D%25E6%2596%2587%25E5%25BA%25AB%2529%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0","button_order":3,"created_at":"2020-12-10 01:10:01","updated_at":"2020-12-10 01:10:01"}], 青春小説の中でも教師と生徒の対立にここまでのエンターテインメント性を持たせたのは本作が初めてではないでしょうか。 僕らの七日間戦争は、とあるクラスの全生徒が突如消えルところから始まります。真相は秘密基地へ隠れ、教師や大人たちに対するボイコット。子どもたちで知恵を絞りながら大人の対峙して行く、ストーリーは引き込まれていきます。, [{"key":"作家名","value":"宗田理"},{"key":"発売日","value":"2014-06-20"}], ぼくらシリーズが大好きな中1の息子が欲しいというので購入しました。現在は親や教師が権力をたてに教育(?)するという時代ではないのでこの手の作品は受けないのでは?と思ってましたが時代を越えて支持されているようでビックリしました。自分達と同世代の子供が友情を武器に正義を貫く、といったストーリーは少年少女達の永遠の夢なのかもしれません。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/61dEWhaPXvL.jpg"], [{"id":68226,"item_id":4918590,"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2582%25B5%25E3%2583%259E%25E3%2583%25BC%25E3%2582%25A6%25E3%2582%25A9%25E3%2583%25BC%25E3%2582%25BA%2B%25E6%2596%2587%25E5%25BA%25AB%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2582%25B5%25E3%2583%259E%25E3%2583%25BC%25E3%2582%25A6%25E3%2582%25A9%25E3%2583%25BC%25E3%2582%25BA%2B%25E6%2596%2587%25E5%25BA%25AB%2F","button_order":1,"created_at":"2020-12-10 01:10:01","updated_at":"2020-12-10 01:10:01"},{"id":68227,"item_id":4918590,"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4044288224?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4044288224","button_order":2,"created_at":"2020-12-10 01:10:02","updated_at":"2020-12-10 01:10:02"},{"id":68228,"item_id":4918590,"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fbookoffonline%2F0016202775.html","button_order":3,"created_at":"2020-12-10 01:10:02","updated_at":"2020-12-10 01:10:02"}], 同名の映画作品をノベライズした作品。今でも夏になると地上波で放送されることの多い本作は、映画を見たことがあると言う方も多いのではないでしょうか?, 今では当たり前になったインターネットの世界を舞台に、ハッキングから始まる、ネットテロ問題を解決して行くストーリー。 大人から子供まで楽しめる青春小説になっています。, [{"key":"作家名","value":"岩井恭平"},{"key":"発売日","value":"2009-07-25"}], 映画を見てから、小説版の評価が高いため購入。映画のノベライズということもあって地雷かとも思ったが、著者の文章力の高さと映画で語られなかった細部の描写に惹きこまれ、最後まで楽しんで読めた。SF小説として見ても傑作。映画を見たことがある人もない人も、ぜひ読んでほしい一冊。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51ljFdl467L.jpg"], [{"id":68229,"item_id":4918591,"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E5%25B3%25B6%25E3%2581%25AF%25E3%2581%25BC%25E3%2581%258F%25E3%2582%2589%25E3%2581%25A8%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E5%25B3%25B6%25E3%2581%25AF%25E3%2581%25BC%25E3%2581%258F%25E3%2582%2589%25E3%2581%25A8%2F","button_order":1,"created_at":"2020-12-10 01:10:02","updated_at":"2020-12-10 01:10:02"},{"id":68230,"item_id":4918591,"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4062934515?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4062934515","button_order":2,"created_at":"2020-12-10 01:10:02","updated_at":"2020-12-10 01:10:02"},{"id":68231,"item_id":4918591,"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Frankupshop%2Fjk4062934515i4.html","button_order":3,"created_at":"2020-12-10 01:10:02","updated_at":"2020-12-10 01:10:02"}], 島には高校がなくフェリーで向かう毎日の中で、わかりあい助け合いながら成長していく、書き下ろしの長編作品です。, [{"key":"作家名","value":"辻村深月"},{"key":"発売日","value":"2013-06-05"}], 中学生や高校生の鋭い感性を描くことを得意とする筆者の作品にしては、この本に出てくる少年少女たちはみな「いい子」にすぎる。ただ島の生活の描写は感受性の高い子どもたちの目から眺めたようなリアリティがあり、柔らかなタイトルがしみじみ伝わってくる。瀬戸内の島の空気が感じられるいい物語でした。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/61KdSG9zyeL.jpg"], [{"id":70331,"item_id":4922818,"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E5%2583%2595%25E3%2581%25AF%25E4%25BD%2595%25E5%25BA%25A6%25E3%2581%25A7%25E3%2582%2582%25E3%2580%2581%25E3%2581%258D%25E3%2581%25BF%25E3%2581%25AB%25E5%2588%259D%25E3%2582%2581%25E3%2581%25A6%25E3%2581%25AE%25E6%2581%258B%25E3%2582%2592%25E3%2581%2599%25E3%2582%258B%25E3%2580%2582%2B%2528%25E3%2582%25B9%25E3%2582%25BF%25E3%2583%25BC%25E3%2583%2584%25E5%2587%25BA%25E7%2589%2588%25E6%2596%2587%25E5%25BA%25AB%2529%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E5%2583%2595%25E3%2581%25AF%25E4%25BD%2595%25E5%25BA%25A6%25E3%2581%25A7%25E3%2582%2582%25E3%2580%2581%25E3%2581%258D%25E3%2581%25BF%25E3%2581%25AB%25E5%2588%259D%25E3%2582%2581%25E3%2581%25A6%25E3%2581%25AE%25E6%2581%258B%25E3%2582%2592%25E3%2581%2599%25E3%2582%258B%25E3%2580%2582%2B%2528%25E3%2582%25B9%25E3%2582%25BF%25E3%2583%25BC%25E3%2583%2584%25E5%2587%25BA%25E7%2589%2588%25E6%2596%2587%25E5%25BA%25AB%2529%2F","button_order":1,"created_at":"2020-12-10 01:11:11","updated_at":"2020-12-10 01:11:11"},{"id":70332,"item_id":4922818,"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4813700438?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4813700438","button_order":2,"created_at":"2020-12-10 01:11:11","updated_at":"2020-12-10 01:11:11"},{"id":70333,"item_id":4922818,"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E5%2583%2595%25E3%2581%25AF%25E4%25BD%2595%25E5%25BA%25A6%25E3%2581%25A7%25E3%2582%2582%25E3%2580%2581%25E3%2581%258D%25E3%2581%25BF%25E3%2581%25AB%25E5%2588%259D%25E3%2582%2581%25E3%2581%25A6%25E3%2581%25AE%25E6%2581%258B%25E3%2582%2592%25E3%2581%2599%25E3%2582%258B%25E3%2580%2582%2B%2528%25E3%2582%25B9%25E3%2582%25BF%25E3%2583%25BC%25E3%2583%2584%25E5%2587%25BA%25E7%2589%2588%25E6%2596%2587%25E5%25BA%25AB%2529%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0","button_order":3,"created_at":"2020-12-10 01:11:11","updated_at":"2020-12-10 01:11:11"}], 学生におすすめしたい涙なしでは語れない青春小説。両親の不仲に悩む女子高生のセイは、ある日、少年ハナにカメラを向けられて写真を撮られます。そのことをキッカケに仲良くなっていくのですが、実はハナは記憶が1日しかもたないことを知ります。, お互いわかり合っていくものの思い出を積み重ねることができない葛藤と忘れられてしまう恐怖。純愛を描いた青春小説です。, [{"key":"作家名","value":"沖田 円"},{"key":"発売日","value":"2015-12-28"}], 現実的であり非現実的であり。景色を浮かべながら話を進めていくのが楽しいです。もうそんな年ではないけど、憧れるような恋でした。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/61E-RAmshNL.jpg"], [{"id":70339,"item_id":4922832,"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2581%2582%25E3%2581%25AE%25E5%25A4%258F%25E3%2582%2592%25E7%2594%259F%25E3%2581%258D%25E3%2581%259F%25E5%2590%259B%25E3%2581%25B8%2B%2528%25E3%2582%25B9%25E3%2582%25BF%25E3%2583%25BC%25E3%2583%2584%25E5%2587%25BA%25E7%2589%2588%25E6%2596%2587%25E5%25BA%25AB%2529%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2581%2582%25E3%2581%25AE%25E5%25A4%258F%25E3%2582%2592%25E7%2594%259F%25E3%2581%258D%25E3%2581%259F%25E5%2590%259B%25E3%2581%25B8%2B%2528%25E3%2582%25B9%25E3%2582%25BF%25E3%2583%25BC%25E3%2583%2584%25E5%2587%25BA%25E7%2589%2588%25E6%2596%2587%25E5%25BA%25AB%2529%2F 商品検索結果","button_order":1,"created_at":"2020-12-10 01:11:11","updated_at":"2020-12-10 01:11:11"},{"id":70340,"item_id":4922832,"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4813701035?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4813701035","button_order":2,"created_at":"2020-12-10 01:11:11","updated_at":"2020-12-10 01:11:11"},{"id":70341,"item_id":4922832,"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E3%2581%2582%25E3%2581%25AE%25E5%25A4%258F%25E3%2582%2592%25E7%2594%259F%25E3%2581%258D%25E3%2581%259F%25E5%2590%259B%25E3%2581%25B8%2B%2528%25E3%2582%25B9%25E3%2582%25BF%25E3%2583%25BC%25E3%2583%2584%25E5%2587%25BA%25E7%2589%2588%25E6%2596%2587%25E5%25BA%25AB%2529%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0","button_order":3,"created_at":"2020-12-10 01:11:11","updated_at":"2020-12-10 01:11:11"}], イジメを受けて不登校になってしまった千鶴。 唯一の理解者であった祖母もある夏の日に天国へと旅立ってしまい、大きなショックを受ける。そんなドン底にいた千鶴を救ったのはとある男子との出会いだった。, ちょっとしたSF要素も絡まり、読み応えのある作品です。 普段、あまり小説を読まない方にもスッと入ってくるストーリですので大変おすすめです。, [{"key":"作家名","value":"水野ユーリ"},{"key":"発売日","value":"2016-05-28"}], クラスメイトからのいじめで心がぼろぼろになってしまった千鶴。そのせいで、家族にも、心配してくれる幼馴染みにも素直になれず、きつい言葉を吐いてしまう。死にたいとか、死ねとか、中学生のころは簡単に口にしてしまうこともあると思う。でも千鶴は、奇跡のような出会いをして、生きているということの尊さを知る。生きるのが苦しくて死にたい、そう思ってしまう人にぜひ読んでほしい。これを読んだからといってすぐに悩みが解決するわけでも、気持ちが軽くなるわけでもないだろうけど、この本が伝えたかったことが心の片隅にでも残っていたら、きっと生きる力になる。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/413Lqa6LCQL.jpg"], [{"id":70366,"item_id":4922853,"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbookfan%2Fbk-4103508310%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbookfan%2Fbk-4103508310%2F","button_order":1,"created_at":"2020-12-10 01:11:12","updated_at":"2020-12-10 01:11:12"},{"id":70367,"item_id":4922853,"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4103508310?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4103508310","button_order":2,"created_at":"2020-12-10 01:11:12","updated_at":"2020-12-10 01:11:12"},{"id":70368,"item_id":4922853,"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E3%2581%258B%25E3%2580%258C%25E3%2580%258D%25E3%2581%258F%25E3%2580%258C%25E3%2580%258D%25E3%2581%2597%25E3%2580%258C%25E3%2580%258D%25E3%2581%2594%25E3%2580%258C%25E3%2580%258D%25E3%2581%25A8%25E3%2580%258C%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0 検索結果","button_order":3,"created_at":"2020-12-10 01:11:12","updated_at":"2020-12-10 01:11:12"}], 誰にも言えない「かくしごと」って誰にでも1つはあるものですよね。 この作品はとあるクラスを舞台に5人の生徒の視点から、各々の誰にも言えない「かくしごと」について迫っていくストーリー。, 住野よる先生は「君の膵臓をたべたい」で有名になり、女子高生や大学生を中心に非常に人気のある作家さんの1人です。文章が読みやすく、スラスラと読めてしまいます。話題書に触れたい方におすすめです。, [{"key":"作家名","value":"住野よる"},{"key":"発売日","value":"2017-03-22"}], 自分には備わっているけど、他の人には無いというような見方や思考の仕方は確かに各々あるもので、ただ、各々の人は互いに何を考えているか、どう思っているのかは分からない。気になって勝手に想像したり、分析したりして、色々詮索するも、後になって思い違いをしていることに気づかされたり・・。青春期の激しく不安定な心の中の動きを具現化しているような快活さが文字を見ているだけでも伝わってくる作品でした。まぁ、大人になっても似たようなことが巻き起こっている気はしますが(笑), ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51AkOcbJBYL.jpg"], [{"id":70400,"item_id":4922873,"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E6%25B5%25B7%25E3%2581%25AE%25E8%25A6%258B%25E3%2581%2588%25E3%2582%258B%25E8%25A1%2597%2B%2528%25E8%25AC%259B%25E8%25AB%2587%25E7%25A4%25BE%25E6%2596%2587%25E5%25BA%25AB%2529%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E6%25B5%25B7%25E3%2581%25AE%25E8%25A6%258B%25E3%2581%2588%25E3%2582%258B%25E8%25A1%2597%2B%2528%25E8%25AC%259B%25E8%25AB%2587%25E7%25A4%25BE%25E6%2596%2587%25E5%25BA%25AB%2529%2F","button_order":1,"created_at":"2020-12-10 01:11:13","updated_at":"2020-12-10 01:11:13"},{"id":70401,"item_id":4922873,"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4062932105?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4062932105","button_order":2,"created_at":"2020-12-10 01:11:13","updated_at":"2020-12-10 01:11:13"},{"id":70402,"item_id":4922873,"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E6%25B5%25B7%25E3%2581%25AE%25E8%25A6%258B%25E3%2581%2588%25E3%2582%258B%25E8%25A1%2597%2B%2528%25E8%25AC%259B%25E8%25AB%2587%25E7%25A4%25BE%25E6%2596%2587%25E5%25BA%25AB%2529%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0 検索結果","button_order":3,"created_at":"2020-12-10 01:11:13","updated_at":"2020-12-10 01:11:13"}], 発売当初大きな話題になった「海の見える街」 青春小説といえば学生を思い浮かべてしまいますが、この本は社会人が主人公の青春小説。大人のための青春小説といっても過言ではないでしょう。, 海の見える市立図書館を舞台に、大人ならではの青春を描いた作品です。 恋ってなんだっけ?と忘れてしまった人にこそ読んでほしい一冊です。, [{"key":"作家名","value":"畑野 智美"},{"key":"発売日","value":"2015-09-15"}], 学生時代の灰色の思い出が昇華されていくような・・・(笑)まじめに生きていれば、それを評価してくれる人が現れる。読んでいて、自分はそう感じた作品でした。恋愛模様を描いている作品ですから、読みやすい小説の部類に入るのかな、と。ぜひ、お試しあれ。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51MPAR8XYTL.jpg"], [{"id":70423,"item_id":4922890,"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2583%2590%25E3%2583%2583%25E3%2583%2586%25E3%2583%25AA%25E3%2583%25BC%2B%2528%25E8%25A7%2592%25E5%25B7%259D%25E6%2596%2587%25E5%25BA%25AB%2529%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2583%2590%25E3%2583%2583%25E3%2583%2586%25E3%2583%25AA%25E3%2583%25BC%2B%2528%25E8%25A7%2592%25E5%25B7%259D%25E6%2596%2587%25E5%25BA%25AB%2529%2F","button_order":1,"created_at":"2020-12-10 01:11:14","updated_at":"2020-12-10 01:11:14"},{"id":70424,"item_id":4922890,"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4043721013?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4043721013","button_order":2,"created_at":"2020-12-10 01:11:14","updated_at":"2020-12-10 01:11:14"},{"id":70425,"item_id":4922890,"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fbookoffonline%2F0012686848.html","button_order":3,"created_at":"2020-12-10 01:11:14","updated_at":"2020-12-10 01:11:14"}], 青春と言えば、部活。そして、スポーツですよね。 バッテリーは野球を題材にしたスポーツ系青春小説の代名詞的な作品で、読んだことがあるという方も多いのではないでしょうか。, 中学野球部の模様を描き、喧嘩・葛藤しながらも人間的にも大きく成長していく主人公の姿は若さっていいなと思う反面、スポーツの素晴らしさも教えてくれる作品です。, [{"key":"作家名","value":"あさのあつこ"},{"key":"発売日","value":"2003-12-25"}], 読書は余り好きではない息子ですが、読んでて面白いみたいでスラスラ読めてあっという間に読み終わりました。面白かったそうです。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51tkMtnvBfL.jpg"], [{"id":70435,"item_id":4922901,"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F15005292%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F15005292%2F","button_order":1,"created_at":"2020-12-10 01:11:14","updated_at":"2020-12-10 01:11:14"},{"id":70436,"item_id":4922901,"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4093864713?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4093864713","button_order":2,"created_at":"2020-12-10 01:11:14","updated_at":"2020-12-10 01:11:14"},{"id":70437,"item_id":4922901,"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fdorama%2Fn33630980.html","button_order":3,"created_at":"2020-12-10 01:11:14","updated_at":"2020-12-10 01:11:14"}], 「いま、会いにいきます」の著者が描く、傑作恋愛青春小説。学級委員長の桃と映画の脚本家を目指すジロを中心とした物語。 ベストセラー作家ならではの言い回しと読みやすさで人気の高い作品です。, 表題作ほか、2作収録されておりボリュームは抜群です。 1つ1つがサクッと読めてしまうので長文小説が苦手な方にもおすすめの青春小説です。, [{"key":"作家名","value":"市川 拓司"},{"key":"発売日","value":"2017-07-12"}], しばらく活字から離れていて、久々に何か読んでみようと思ったところ、昔から好きだった市川拓司さんの新作が出ていたので購入。文中の表現など、今までの作品と変わらずとても読みやすく、続きも気になるのでサクサク読み進められました。内容に関しては、今までの作品で自分の好みの要素だったファンタジー成分がなかったので読み終えた後の感動は今一歩ではありましたが、リアリティを好む方などはこちらの作品のほうがツボに入るのかも知れません。役に立った, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/5199EKDu7FL.jpg"], [{"id":70448,"item_id":4922913,"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E9%259D%2592%25E6%25A3%25AE%25E3%2583%2589%25E3%2583%25AD%25E3%2583%2583%25E3%2583%2597%25E3%2582%25AD%25E3%2583%2583%25E3%2582%25AB%25E3%2583%25BC%25E3%2582%25BA%2B%2528%25E5%25B0%258F%25E5%25AD%25A6%25E9%25A4%25A8%25E6%2596%2587%25E5%25BA%25AB%2529%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E9%259D%2592%25E6%25A3%25AE%25E3%2583%2589%25E3%2583%25AD%25E3%2583%2583%25E3%2583%2597%25E3%2582%25AD%25E3%2583%2583%25E3%2582%25AB%25E3%2583%25BC%25E3%2582%25BA%2B%2528%25E5%25B0%258F%25E5%25AD%25A6%25E9%25A4%25A8%25E6%2596%2587%25E5%25BA%25AB%2529%2F","button_order":1,"created_at":"2020-12-10 01:11:14","updated_at":"2020-12-10 01:11:14"},{"id":70449,"item_id":4922913,"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4094088954?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4094088954","button_order":2,"created_at":"2020-12-10 01:11:14","updated_at":"2020-12-10 01:11:14"},{"id":70450,"item_id":4922913,"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E9%259D%2592%25E6%25A3%25AE%25E3%2583%2589%25E3%2583%25AD%25E3%2583%2583%25E3%2583%2597%25E3%2582%25AD%25E3%2583%2583%25E3%2582%25AB%25E3%2583%25BC%25E3%2582%25BA%2B%2528%25E5%25B0%258F%25E5%25AD%25A6%25E9%25A4%25A8%25E6%2596%2587%25E5%25BA%25AB%2529%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0","button_order":3,"created_at":"2020-12-10 01:11:15","updated_at":"2020-12-10 01:11:15"}], いじめられっ子の宏海、中途半端な不良の雄大、再起をはかるアスリート姉妹の柚果と陽香。カーリングが4人を結びつけ、共に努力していく爽快エンタメ青春小説です。 涙あり、笑いあり、主人公たちの姿勢に胸を打たれること間違いなし。, まるで映画を見ているような描写で、わかりやすく理解しやすいのも大きな特徴。 面白い青春小説をお探しの方に大変おすすめです。, [{"key":"作家名","value":"森沢 明夫"},{"key":"発売日","value":"2014-01-04"}], 『津軽百年食堂』のあとがきに、「青森ドロップキッカーズ」と、あわせた作品を執筆することになりました。そんな著者のコメントが載っていましたので、『津軽百年食堂』がとても面白かったこともあり、今作も、楽しみに読んでしまいました。カーリングが取り上げられていますので、『シムソンズ』と重なる部分も多々あったのですが、『津軽百年食堂』と同じく、苦しみや辛さを経た上での、極上の喜びと幸せが、軽快なタッチで描かれていて、今作も終盤では、眼が潤んでしまうほど、感動をさせられました。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51-wVLDY28L.jpg"], [{"id":70457,"item_id":4922934,"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E9%259F%25BF%25E3%2581%2591%2521%2B%25E3%2583%25A6%25E3%2583%25BC%25E3%2583%2595%25E3%2582%25A9%25E3%2583%258B%25E3%2582%25A2%25E3%2583%25A0%2B%25E5%258C%2597%25E5%25AE%2587%25E6%25B2%25BB%25E9%25AB%2598%25E6%25A0%25A1%25E5%2590%25B9%25E5%25A5%258F%25E6%25A5%25BD%25E9%2583%25A8%25E3%2580%2581%25E6%25B1%25BA%25E6%2584%258F%25E3%2581%25AE%25E6%259C%2580%25E7%25B5%2582%25E6%25A5%25BD%25E7%25AB%25A0%2B%25E5%2589%258D%25E7%25B7%25A8%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E9%259F%25BF%25E3%2581%2591%2521%2B%25E3%2583%25A6%25E3%2583%25BC%25E3%2583%2595%25E3%2582%25A9%25E3%2583%258B%25E3%2582%25A2%25E3%2583%25A0%2B%25E5%258C%2597%25E5%25AE%2587%25E6%25B2%25BB%25E9%25AB%2598%25E6%25A0%25A1%25E5%2590%25B9%25E5%25A5%258F%25E6%25A5%25BD%25E9%2583%25A8%25E3%2580%2581%25E6%25B1%25BA%25E6%2584%258F%25E3%2581%25AE%25E6%259C%2580%25E7%25B5%2582%25E6%25A5%25BD%25E7%25AB%25A0%2B%25E5%2589%258D%25E7%25B7%25A8%2F","button_order":1,"created_at":"2020-12-10 01:11:15","updated_at":"2020-12-10 01:11:15"},{"id":70458,"item_id":4922934,"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4800293995?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4800293995","button_order":2,"created_at":"2020-12-10 01:11:15","updated_at":"2020-12-10 01:11:15"},{"id":70459,"item_id":4922934,"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E9%259F%25BF%25E3%2581%2591%2521%2B%25E3%2583%25A6%25E3%2583%25BC%25E3%2583%2595%25E3%2582%25A9%25E3%2583%258B%25E3%2582%25A2%25E3%2583%25A0%2B%25E5%258C%2597%25E5%25AE%2587%25E6%25B2%25BB%25E9%25AB%2598%25E6%25A0%25A1%25E5%2590%25B9%25E5%25A5%258F%25E6%25A5%25BD%25E9%2583%25A8%25E3%2580%2581%25E6%25B1%25BA%25E6%2584%258F%25E3%2581%25AE%25E6%259C%2580%25E7%25B5%2582%25E6%25A5%25BD%25E7%25AB%25A0%2B%25E5%2589%258D%25E7%25B7%25A8%2B%2528%25E5%25AE%259D%25E5%25B3%25B6%25E7%25A4%25BE%25E6%2596%2587%25E5%25BA%25AB%2529%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0","button_order":3,"created_at":"2020-12-10 01:11:15","updated_at":"2020-12-10 01:11:15"}], アニメ化・映画化もされてファンも多い「響け!ユーフォニアム」シリーズの最新作です。 北宇治高校の吹奏楽部を舞台に全国大会金賞を目指すストーリー。 個性豊かな生徒たちと共に一緒に青春を過ごしているような気分になれます。, 真摯に吹奏楽に取り組む姿勢は涙なしでは読みきれません。部活を一生懸命頑張っていた頃を思い出せる作品です。, [{"key":"作家名","value":"武田綾乃"},{"key":"発売日","value":"2019-04-17"}], 一気に読み終えてしまいました。後編に向けて、伏線が充分に張られた展開だったように思えます。自由曲の構成から、全国大会で久美子と麗奈によるソリが実現し、金賞を獲得・・・というような大団円になるとするならば、今作までと、今作で張られた伏線の回収も踏まえると、それを描くのにあと1冊で足りるのか?という不安が残りますが、このシリーズを通して、成長してきた作者の腕に期待したいと思います。また、プロローグがあの人物の話だとすると、この物語の帰結点のその後が見えてきました。ただ、プロローグの状況が実現するルートはいくつも存在するので、今作で高校卒業後をまったくイメージできずにいるあの人物がどう卒業後を考えるようになっていくのか、内面を含めた成長も楽しみにしたいと思います。個人的には、真由の登場と、おそらく彼女が関西大会で引き起こすであろう出来事に対して、明日香砲がどう炸裂するのか、楽しみにしています。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51Vcr9uxRBL.jpg"], [{"id":70462,"item_id":4922939,"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E6%2598%25A5%25E3%2582%2584%25E6%2598%25A5%2B%2528%25E5%2585%2589%25E6%2596%2587%25E7%25A4%25BE%25E6%2596%2587%25E5%25BA%25AB%2529%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E6%2598%25A5%25E3%2582%2584%25E6%2598%25A5%2B%2528%25E5%2585%2589%25E6%2596%2587%25E7%25A4%25BE%25E6%2596%2587%25E5%25BA%25AB%2529%2F","button_order":1,"created_at":"2020-12-10 01:11:15","updated_at":"2020-12-10 01:11:15"},{"id":70463,"item_id":4922939,"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4334774687?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4334774687","button_order":2,"created_at":"2020-12-10 01:11:15","updated_at":"2020-12-10 01:11:15"},{"id":70464,"item_id":4922939,"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E6%2598%25A5%25E3%2582%2584%25E6%2598%25A5%2B%2528%25E5%2585%2589%25E6%2596%2587%25E7%25A4%25BE%25E6%2596%2587%25E5%25BA%25AB%2529%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0","button_order":3,"created_at":"2020-12-10 01:11:15","updated_at":"2020-12-10 01:11:15"}], 俳句と言う青春小説にしては、一味変わった物を題材に女子高生の奮闘を描いた作品です。短い言葉で組み上げられる美しい言葉たちは、日本語の美しさと素晴らしさを教えてくれます。, 俳句の魅力がたっぷり詰まった青春エンターテインメント小説です。 ページ数も471ページと多く、読み応え抜群です。, [{"key":"作家名","value":"森谷 明子"},{"key":"発売日","value":"2017-05-11"}], 俳句には興味ありませんが、四国住みなので、俳句甲子園のニュースは毎年よく耳にしていました俳句甲子園を目指す女子高生、関わる先生逹がとても魅力的に書かれています 自分も彼女逹と大会に参加している気持ちになりました俳句甲子園の予選からの様子もよくわかりました 案外まだ参加高校が少ないようですね部員たちのなかではト−子がいいですね サポートに徹する絶対に必要な存在、スポーツ部にもいますね読後感がとにかく良かった 続編も読みたいな, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51lPHPRuWeL.jpg"], [{"id":70465,"item_id":4922940,"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2FDIVE%2521%2521%25E3%2580%2588%25E4%25B8%258A%25E3%2580%2589%2B%2528%25E8%25A7%2592%25E5%25B7%259D%25E6%2596%2587%25E5%25BA%25AB%2529%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2FDIVE%2521%2521%25E3%2580%2588%25E4%25B8%258A%25E3%2580%2589%2B%2528%25E8%25A7%2592%25E5%25B7%259D%25E6%2596%2587%25E5%25BA%25AB%2529%2F","button_order":1,"created_at":"2020-12-10 01:11:15","updated_at":"2020-12-10 01:11:15"},{"id":70466,"item_id":4922940,"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4043791038?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4043791038","button_order":2,"created_at":"2020-12-10 01:11:15","updated_at":"2020-12-10 01:11:15"},{"id":70467,"item_id":4922940,"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3DDIVE%2521%2521%2B%25E4%25B8%258A%2B%2528%25E8%25A7%2592%25E5%25B7%259D%25E6%2596%2587%25E5%25BA%25AB%2529%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0","button_order":3,"created_at":"2020-12-10 01:11:15","updated_at":"2020-12-10 01:11:15"}], 本作は中学生が飛び込み競技を舞台に成長を描くストーリー。文章も大変読みやすく、夏の読書感想文にも大変おすすめできる作品です。, 細かい心理描写がうまく、読んでいて感情移入してしまうこと間違いなし。下巻もありますので、気になった方はぜひ読んで見てください。, [{"key":"作家名","value":"森 絵都"},{"key":"発売日","value":"2006-05-25"}], 上下纏めて扱う.カラフルの時にも感じたのだが,この作者はどうして男の子をここまで上手に書けるのだろう.トイレで排尿速度競争するなんて,恥ずかしいことを,何故知っているのだろう.トモキ,シブキ,要一の3人の主要人物 (トモキは中学生,あとの二人は高校生) 達の心が思うこと,感じることが,文字,紙の仲介なしにいきなり叩き付けられる不思議な語り口は名作 'リズム' 以来の天才芸である.そして今回は高飛込みの選手養成の話で,女性名コーチがトモキをしごき抜くのだが,のんびり屋でまるで自己中心的でなさすぎるトモキが,あれよあれよと言う間に次から次と難関に挑み成長してゆく様は,只事ではないのに,天才芸が読み手を納得させ,感動の渦に巻き込んでゆく.私は巻き込まれて行く自分を内省して,ひたすら舌を巻く思いだった.そして,長生きしてこの作品にめぐり合えたことを率直に嬉しく思った.こんな面白い本を書いて下さった作者に有難うを申し上げる.なお,文庫版とオリジナルの単行本版との比較については,単行本第一巻のコメントを参照あれ, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/517YwuvVnGL.jpg"], [{"id":71615,"item_id":4925216,"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2582%25B9%25E3%2583%25AD%25E3%2582%25A6%25E3%2583%258F%25E3%2582%25A4%25E3%2583%2584%25E3%2581%25AE%25E7%25A5%259E%25E6%25A7%2598%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2582%25B9%25E3%2583%25AD%25E3%2582%25A6%25E3%2583%258F%25E3%2582%25A4%25E3%2583%2584%25E3%2581%25AE%25E7%25A5%259E%25E6%25A7%2598%2F","button_order":1,"created_at":"2020-12-10 01:11:52","updated_at":"2020-12-10 01:11:52"},{"id":71616,"item_id":4925216,"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/406276556X?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=406276556X","button_order":2,"created_at":"2020-12-10 01:11:52","updated_at":"2020-12-10 01:11:52"},{"id":71617,"item_id":4925216,"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fbookfan%2Fbk-4065141842.html","button_order":3,"created_at":"2020-12-10 01:11:52","updated_at":"2020-12-10 01:11:52"}], 脚本家の主人公がオーナーを務めるアパートを舞台に様々な住人が繰り広げる大人の青春物語。突如、空室だった所に新しい住居者が入ってくることによって物語は動き出します。, 青春小説でありながらもミステリー要素があり、下巻のラストへ続くシーンは圧巻そのもの。物語を全て知った上で伏線回収しにもう一度読みたくなるような一冊です。, [{"key":"作家名","value":"辻村深月"},{"key":"発売日","value":"2010-01-15"}], 自分の中では「ツナグ」がきっかけ、「かがみの孤城」でブレークしました。「かがみの孤城」は本当に良かった。彼女の集大成ではないでしょうか。今読書のマイブームは辻村深月さんと森沢明夫さん。「朝が来る」ではドラマ化されたものしか見ていませんが、これもよかったので、いつか読んでみたい。そんな作家さんの作品、期待してストウハイツを読んだのですが、出鼻からくじかれ、最初は「なんじゃこりゃ」みたいな感じで退屈で挫折しそうになりました。登場人物にもあまり共感できないし、下巻は読むのをやめようかとまで思いましたが、下巻のレビューがよかったので、読んでみました。下巻も読んで本当によかった。上巻は伏線で下巻で一気に展開、グイグイ引き込まれていきました。さすが私がほれ込んだ作家さん、と自己満足です。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/41tEBKEUeTL.jpg"], [{"id":71618,"item_id":4925232,"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2FGO%2B%2528%25E8%25A7%2592%25E5%25B7%259D%25E6%2596%2587%25E5%25BA%25AB%2529%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2FGO%2B%2528%25E8%25A7%2592%25E5%25B7%259D%25E6%2596%2587%25E5%25BA%25AB%2529%2F","button_order":1,"created_at":"2020-12-10 01:11:52","updated_at":"2020-12-10 01:11:52"},{"id":71619,"item_id":4925232,"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4043852010?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4043852010","button_order":2,"created_at":"2020-12-10 01:11:52","updated_at":"2020-12-10 01:11:52"},{"id":71620,"item_id":4925232,"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3DGO%2B%2528%25E8%25A7%2592%25E5%25B7%259D%25E6%2596%2587%25E5%25BA%25AB%2529%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0 検索結果","button_order":3,"created_at":"2020-12-10 01:11:52","updated_at":"2020-12-10 01:11:52"}], この青春小説は他の小説とは文体が異なり、主人公の語り口調で物語が進行していきます。ですので、普段本を読まない方にも入って来やすい文章体ということができます。語り口調だからこその表現、高校生の主人公のリアルが直接的に伝わり、世界観に引き込まれること間違いなしでしょう。, [{"key":"作家名","value":"金城 一紀"},{"key":"発売日","value":"2007-05-30"}], 最近、著者が脚本をしたTVドラマを見る機会があり、そういえば、一時期よく読んでいたなぁ、、、と読み返したくなり、探したものの単行本で買った本作は見当たらず、文庫分を購入、再読。すっかり忘れていたこともあり、まるで初めての本のように引き込まれた。やっぱり、すごい。面白い。中学生の息子に読ませたら、やはり一気読み。「在日韓国人」という存在について、国籍について、自分について、だれかを愛することについて、考える本。おすすめです。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51Alzb8CxjL.jpg"], [{"id":71639,"item_id":4925279,"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbooksupply%2Ff82-1901-002087%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbooksupply%2Ff82-1901-002087%2F","button_order":1,"created_at":"2020-12-10 01:11:53","updated_at":"2020-12-10 01:11:53"},{"id":71640,"item_id":4925279,"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4041305217?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4041305217","button_order":2,"created_at":"2020-12-10 01:11:53","updated_at":"2020-12-10 01:11:53"},{"id":71641,"item_id":4925279,"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E6%2599%2582%25E3%2582%2592%25E3%2581%258B%25E3%2581%2591%25E3%2582%258B%25E5%25B0%2591%25E5%25A5%25B3%2B%25E3%2580%2588%25E6%2596%25B0%25E8%25A3%2585%25E7%2589%2588%25E3%2580%2589%2B%2528%25E8%25A7%2592%25E5%25B7%259D%25E6%2596%2587%25E5%25BA%25AB%2529%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0","button_order":3,"created_at":"2020-12-10 01:11:53","updated_at":"2020-12-10 01:11:53"}], 映画やアニメ、漫画などにもなり、人気の高い本作。SF要素もあり、タイムリープをしながら自分の望んだ未来を手に入れる女子高生を主人公に恋愛・青春・友情、全ての要素が詰まった青春小説です。, 映画を見ている方もアニメを見ている方も漫画を読んだことある方も、物語を知っていたとしても楽しめる。そんな作品に仕上がっています。, [{"key":"作家名","value":"筒井康隆"},{"key":"発売日","value":"2006-05-25"}], 中2の孫のプレゼントに購入。時空移動と淡い恋愛を絡ませた1967年刊のSFライトノベル。本作自体が50年を経た今に“時空移動”したような新鮮な読後感を与える。同時収録の「悪夢の真相」も現実的な恐怖感があって秀逸。さまざまな感性をはぐくむ少年少女期に、こうした想像力や恐怖感に触れる楽しみを懐かしく回顧させてくれた。さて、孫はどんな感想を聞かせてくれるだろうか。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51SBa3cat3L.jpg"], [{"id":71645,"item_id":4925298,"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fgoriboo%2Fzs3h-190428-133-801x%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fgoriboo%2Fzs3h-190428-133-801x%2F","button_order":1,"created_at":"2020-12-10 01:11:53","updated_at":"2020-12-10 01:11:53"},{"id":71646,"item_id":4925298,"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/404387801X?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=404387801X","button_order":2,"created_at":"2020-12-10 01:11:53","updated_at":"2020-12-10 01:11:53"},{"id":71647,"item_id":4925298,"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fbook-station%2Fza2b-190208-137-801x.html","button_order":3,"created_at":"2020-12-10 01:11:53","updated_at":"2020-12-10 01:11:53"}], こんなにも不思議な世界観を持った青春小説はないと言えるでしょう。型破りなようで王道、個性的なようで地味という、全ての期待をいい意味で裏切ってくれる作品。, 京都にある大学を舞台に四畳半のアパートに住む、しがない大学生が不思議体験をしながら、世の中の不平不満を晴らしていくと言う、一風変わったストーリー。作者独自の世界観に魅了されるファンも多いです。, [{"key":"作家名","value":"森見登美彦"},{"key":"発売日","value":"2008-03-25"}], 漫画のようなストーリーと古風な文体のギャップでだいぶ笑えるし、単なるエンターテイメントにとどまらず少し考えずにはいられないメッセージも込められていると思います。複数ある選択肢、どれを選んでも、親友は運命的に親友であるし(たとえ悪友であろうと笑)成就する恋は運命的に成就する。その"糸"は"神様"ですら操れないのではないか、何てことを"神無月"の終わりに考えました。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/41BT3KNjZ5L.jpg"], [{"id":71652,"item_id":4925307,"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E6%25AD%25A6%25E5%25A3%25AB%25E9%2581%2593%25E3%2582%25B7%25E3%2583%2583%25E3%2582%25AF%25E3%2582%25B9%25E3%2583%2586%25E3%2582%25A3%25E3%2583%25BC%25E3%2583%25B3%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E6%25AD%25A6%25E5%25A3%25AB%25E9%2581%2593%25E3%2582%25B7%25E3%2583%2583%25E3%2582%25AF%25E3%2582%25B9%25E3%2583%2586%25E3%2582%25A3%25E3%2583%25BC%25E3%2583%25B3%2F","button_order":1,"created_at":"2020-12-10 01:11:53","updated_at":"2020-12-10 01:11:53"},{"id":71653,"item_id":4925307,"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4167780011?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4167780011","button_order":2,"created_at":"2020-12-10 01:11:53","updated_at":"2020-12-10 01:11:53"},{"id":71654,"item_id":4925307,"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E6%25AD%25A6%25E5%25A3%25AB%25E9%2581%2593%25E3%2582%25B7%25E3%2583%2583%25E3%2582%25AF%25E3%2582%25B9%25E3%2583%2586%25E3%2582%25A3%25E3%2583%25BC%25E3%2583%25B3%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0","button_order":3,"created_at":"2020-12-10 01:11:53","updated_at":"2020-12-10 01:11:53"}], 2人の女の子がルールもよくわからない剣道と向き合い成長していく、青春小説の王道のストーリーです。2人の心理描写がうまく描かれ、剣道に興味がない方でも楽しく読める本作。, [{"key":"作家名","value":"誉田 哲也"},{"key":"発売日","value":"2010-02-10"}], 女子高生二人のそれぞれの側から書かれた話で、二人の心のうちがよく描かれていると思った。正反対な二人なんだけど、それぞれの魅力がとてもいいです。周りの人もかかわりながら、それぞれが成長していく姿はとても感動できます。まだまだこれからの展開が気になります。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/41YvzFBOckL.jpg"], [{"id":71662,"item_id":4925325,"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E5%25B0%2591%25E5%25A5%25B3%25E3%2581%25AF%25E5%258D%2592%25E6%25A5%25AD%25E3%2581%2597%25E3%2581%25AA%25E3%2581%2584%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E5%25B0%2591%25E5%25A5%25B3%25E3%2581%25AF%25E5%258D%2592%25E6%25A5%25AD%25E3%2581%2597%25E3%2581%25AA%25E3%2581%2584%2F","button_order":1,"created_at":"2020-12-10 01:11:54","updated_at":"2020-12-10 01:11:54"},{"id":71663,"item_id":4925325,"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4087452808?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4087452808","button_order":2,"created_at":"2020-12-10 01:11:54","updated_at":"2020-12-10 01:11:54"},{"id":71664,"item_id":4925325,"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E5%25B0%2591%25E5%25A5%25B3%25E3%2581%25AF%25E5%258D%2592%25E6%25A5%25AD%25E3%2581%2597%25E3%2581%25AA%25E3%2581%2584%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0","button_order":3,"created_at":"2020-12-10 01:11:54","updated_at":"2020-12-10 01:11:54"}], 先にご紹介しました『桐島、部活やめるってよ』の作者の朝井リョウ先生の作品です。こちらは短編集となっており、1つ1つが短く読みやすいので、あっという間に読み終わってしまうことでしょう。, 朝井先生の学生たちに対しての描写には定評があり、ファンの多い作品となっています。興味のある方は、ぜひ手に取っていただきたい一冊です。, [{"key":"作家名","value":"朝井リョウ"},{"key":"発売日","value":"2015-02-20"}], 初めて朝井リョウさんの作品と出会ったのがこの一冊です。もう6年ほど経ちますが何度も読み直しては心を奪われます。この朝井リョウの世界観がたまらなく好きですぜひ一度読んでみてください, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51O3wTQjoYL.jpg"], [{"id":71712,"item_id":4925405,"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2582%25AD%25E3%2582%25B1%25E3%2583%25B3%2B%2528%25E8%25A7%2592%25E5%25B7%259D%25E6%2596%2587%25E5%25BA%25AB%2529%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2582%25AD%25E3%2582%25B1%25E3%2583%25B3%2B%2528%25E8%25A7%2592%25E5%25B7%259D%25E6%2596%2587%25E5%25BA%25AB%2529%2F","button_order":1,"created_at":"2020-12-10 01:11:55","updated_at":"2020-12-10 01:11:55"},{"id":71713,"item_id":4925405,"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4041039010?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4041039010","button_order":2,"created_at":"2020-12-10 01:11:55","updated_at":"2020-12-10 01:11:55"},{"id":71714,"item_id":4925405,"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E3%2582%25AD%25E3%2582%25B1%25E3%2583%25B3%2B%2528%25E8%25A7%2592%25E5%25B7%259D%25E6%2596%2587%25E5%25BA%25AB%2529%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0","button_order":3,"created_at":"2020-12-10 01:11:55","updated_at":"2020-12-10 01:11:55"}], 図書館戦争や阪急電車など、数多くの名作を生み出している有川 浩先生の描く青春小説。機械制御研究部と言う一風変わったサークルを舞台にした物語は、この作品でないと楽しめ愛シチュエーションといってもいいでしょう。, 実験や物理などが好きな理系人間の方にぜひ手に取ってほしい一冊です。涙あり、笑いありのエンターテインメント感のある青春小説です。, [{"key":"作家名","value":"有川 浩"},{"key":"発売日","value":"2016-06-18"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/61yVWJnaFgL.jpg"], [{"id":71721,"item_id":4925417,"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E9%25B4%25A8%25E5%25B7%259D%25E3%2583%259B%25E3%2583%25AB%25E3%2583%25A2%25E3%2583%25BC%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E9%25B4%25A8%25E5%25B7%259D%25E3%2583%259B%25E3%2583%25AB%25E3%2583%25A2%25E3%2583%25BC%2F","button_order":1,"created_at":"2020-12-10 01:11:55","updated_at":"2020-12-10 01:11:55"},{"id":71722,"item_id":4925417,"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4043939019?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4043939019","button_order":2,"created_at":"2020-12-10 01:11:56","updated_at":"2020-12-10 01:11:56"},{"id":71723,"item_id":4925417,"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E9%25B4%25A8%25E5%25B7%259D%25E3%2583%259B%25E3%2583%25AB%25E3%2583%25A2%25E3%2583%25BC%2B%2528%25E8%25A7%2592%25E5%25B7%259D%25E6%2596%2587%25E5%25BA%25AB%2529%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0","button_order":3,"created_at":"2020-12-10 01:11:56","updated_at":"2020-12-10 01:11:56"}], 映画化もされた本作。「ホルモー」と言う謎の部活を題材んした奇想天外摩訶不思議なエンターテインメント青春小説。作者の独特のユーモアセンスにファンも多く、漫画のような感覚でスラスラ読めてしまいます。エンタメ感の強い青春小説ですが、決しておちゃらけだけではなく、物語もしっかりしている名作です。, [{"key":"作家名","value":"万城目 学"},{"key":"発売日","value":"2009-02-25"}], 万城目さんの本は私にとって「鹿男あおによし」に続いて2冊目でした。どちらも万城目作品らしい(読んでわかったのですが)ストーリーで独特の世界観でストーリーが展開していきます。なかなか、忙しく会社努めの人間としては、業務上の専門書や系統の読書を強いられることも多いのですが、キンドルを手に入れ、何を読んだらいいものか、考えているときに出会った本が先の2冊です。甘酸っぱい青春時代と独特のストーリーを眉間にしわを寄せることなく気軽に読み進めるすばらしい本でした。ストーリーは読んでからのお楽しみということで。ひがな一日読書にふけるにはうってつけの本であることは間違いないです。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/519TDnD5jOL.jpg"], [{"id":71727,"item_id":4925428,"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E5%25B0%258F%25E8%25AA%25AC%2B%25E5%2590%259B%25E3%2581%25AE%25E5%2590%258D%25E3%2581%25AF%25E3%2580%2582%2B%2528%25E8%25A7%2592%25E5%25B7%259D%25E6%2596%2587%25E5%25BA%25AB%2529%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E5%25B0%258F%25E8%25AA%25AC%2B%25E5%2590%259B%25E3%2581%25AE%25E5%2590%258D%25E3%2581%25AF%25E3%2580%2582%2B%2528%25E8%25A7%2592%25E5%25B7%259D%25E6%2596%2587%25E5%25BA%25AB%2529%2F","button_order":1,"created_at":"2020-12-10 01:11:56","updated_at":"2020-12-10 01:11:56"},{"id":71728,"item_id":4925428,"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4041026229?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4041026229","button_order":2,"created_at":"2020-12-10 01:11:56","updated_at":"2020-12-10 01:11:56"},{"id":71729,"item_id":4925428,"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E5%25B0%258F%25E8%25AA%25AC%2B%25E5%2590%259B%25E3%2581%25AE%25E5%2590%258D%25E3%2581%25AF%25E3%2580%2582%2B%2528%25E8%25A7%2592%25E5%25B7%259D%25E6%2596%2587%25E5%25BA%25AB%2529%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0","button_order":3,"created_at":"2020-12-10 01:11:56","updated_at":"2020-12-10 01:11:56"}], 一斉を風靡したのいっても過言ではない名作映画の小説ver。内容は男女の高校生を主人公にした青春小説そのもので、映画にはない描写で細かく描かれています。, まだ映画を見ていない方はもちろんのこと、映画を見たことある方にこそ読んでいただきたい一冊で、新しい角度からの「君の名は。」が楽しめることでしょう。, [{"key":"作家名","value":"新海 誠"},{"key":"発売日","value":"2016-06-18"}], この作品は監督自身が述べられておりますが、「アニメーション映画が一番ふさわしい形である」と。それは、文では表現できない微細な描写が映画の様々な部分に鏤められていることから容易に理解できます。この小説だけでは、この作品の本当の文学的意味を全部把握することはできません。しかし、映画を観た後に小説を読むことでより立体的に瀧と三葉の像が浮かび上がるので星5つといたしました。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51VPC1RxO6L.jpg"], [{"id":71738,"item_id":4925437,"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E5%2590%259B%25E3%2581%25AE%25E8%2586%25B5%25E8%2587%2593%25E3%2582%2592%25E3%2581%259F%25E3%2581%25B9%25E3%2581%259F%25E3%2581%2584%2B%2528%25E5%258F%258C%25E8%2591%2589%25E6%2596%2587%25E5%25BA%25AB%2529%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E5%2590%259B%25E3%2581%25AE%25E8%2586%25B5%25E8%2587%2593%25E3%2582%2592%25E3%2581%259F%25E3%2581%25B9%25E3%2581%259F%25E3%2581%2584%2B%2528%25E5%258F%258C%25E8%2591%2589%25E6%2596%2587%25E5%25BA%25AB%2529%2F","button_order":1,"created_at":"2020-12-10 01:11:56","updated_at":"2020-12-10 01:11:56"},{"id":71739,"item_id":4925437,"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4575519944?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4575519944","button_order":2,"created_at":"2020-12-10 01:11:56","updated_at":"2020-12-10 01:11:56"},{"id":71740,"item_id":4925437,"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E5%2590%259B%25E3%2581%25AE%25E8%2586%25B5%25E8%2587%2593%25E3%2582%2592%25E3%2581%259F%25E3%2581%25B9%25E3%2581%259F%25E3%2581%2584%2B%2528%25E5%258F%258C%25E8%2591%2589%25E6%2596%2587%25E5%25BA%25AB%2529%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0","button_order":3,"created_at":"2020-12-10 01:11:56","updated_at":"2020-12-10 01:11:56"}], 発売当初、インパクトの強いタイトルから大きな話題になった本作。住野よる先生のデビュー作品であり、住野よる先生の人気を確立した作品になっています。, 物静かな男の子と難病と格闘する女の子、2人のやり取りは青春そのもので、胸がキュンとなること間違いありません。そして、ラストシーンでは大号泣してしまうことでしょう。 心温かくなる作品です。, [{"key":"作家名","value":"住野よる"},{"key":"発売日","value":"2017-04-27"}], 生きること、人との関係、心の温もり、命の大切さについて、たくさん教えて頂きました。アニメ、映画、原作の順に作品を鑑賞しました。原作でアニメや映画にない沢山の主人公の気持ちや背景を知ることができました。文章でこれだけの世界を創れるんだということに感動を覚えます。住野よる先生、素晴らしい作品をどうもありがとうございました。一行一行、会話の言葉の一つ一つに心が織込められていたんだと、全部読み終えてから気づくとことができ、感激と感謝の気持ちがこみ上げてきました。作品を読みながら、素晴らしい時間を過ごすことができました。どうもありがとうございます。, 小説をあまり読まない方にとってみれば読みやすさは非常に大切です。読みやすさに重点をおいた選び方をご紹介いたします。, 小説と言うのは作家によって大きく言葉の言い回しや言葉選びが異なるものです。そう言った中で自分にマッチする作家やアンマッチな作家などが出て来ます。, 比較的多くの人に読みやすいと感じてもらえるのはベストセラー作家の作品です。ベストセラーは多くの人に受け入れられていると言うことですので、比較的読みやすく難なく頭に入ってくるでしょう。, 自分は読書が好きと言う方は、たくさん本を読まれて来たかと思いますが、自分のバイブルとなるような作品に出会っている方も少なくはありません。, クセのある言葉だけど、理解しやすい面白いと感じる方は個性派作家を中心に読み進めてもいいでしょう。ランキングでもご紹介した森見登美彦先生の著書は日本文学の古風な言い回しが特徴的です。, 本屋大賞は、書店員の投票だけで選ばれる賞です。過去の一年間に書店員が読んで「面白かった」「お客様にも薦めたい」と思った本を選んで投票されます。ここで選ばられる本は、青春小説だけではありませんが、どれも話題作。2020年版の本屋大賞は4月7日に発表予定です。, 次は共感性です。自分ごとに当てはめて読める青春小説は自分にあっている作品と言えるでしょう。, 性別関係なく、高い共感性を得られるものは間違いなく恋愛青春小説と言えるでしょう。特に青春時代に行って来た恋愛は思い入れも強く、高い共感性が期待できます。, また大人の恋愛のような駆け引きが少なく、純粋に人を愛すると言うことを物語の主人公に教えられれような、そんな感覚にもなるのではないでしょうか。, 青春の代名詞といえば部活動ではないでしょうか。特にスポーツを舞台にした青春小説ものは、自身に経験がある方も多く共感性を生みやすいジャンルといえます。, また青春を謳歌しながら成長して行く姿は、過去の楽しかった時代ともリンクし、エモーショナルな気持ちにさせてくれるでしょう。, 読書好きが選んだ青春小説をランキング形式で30冊ご紹介していきました。一概に青春小説といっても、細かいジャンルで分けると本当に様々あります。あなたの好きな青春小説はどう言ったジャンルなのか。それを見つけるためにたくさん読んでみてはいかがでしょうか。 あなたの読書ライフが豊かになることを祈っています。, ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2019年05月31日)やレビューをもとに作成しております。.

カーテン 断熱 遮光, 麦とホップ 価格 スーパー, 犬 トリミング 料金 大阪, ボルボ 価格 中古, 40代 男性 誕生日 サプライズ, 三井住友信託銀行 調査役 年収, Black Menu For Google 安全性, 大阪市立大学 共通テスト 得点率, 古川優香 カラコン 販売店, グーグルドライブ パソコン 移動, Google Play Music 代替アプリ オフライン, Gas スプレッドシート 読み込み セル, エクセル 前年比 グラフ,

アンケートにご協力ください。

まずはお気軽に問い合わせください

まず、今すぐ下に表示されている番号へ、お電話ください。
そうするとRiccaのスタッフが電話にでますので
『ホームページを見ました。予約をしたいのですが』とおっしゃってください。

簡単で構いませんので希望の施術日やお店からのご質問にご回答ください。
これでご予約は終了です、電話を受話器に置き電話をお切りください。
皆様のご来院をスタッフ一同心よりお待ちしております。

LINEからもご予約が可能です